読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中途半端な腐三十路のブログ

中途半端に腐っている三十路女がBL漫画を中心に語らせてもらいます

【ひだまりが聴こえる】ネタバレ感想

ひだまりが聴こえる (Canna Comics)
―――あいつ、耳聴こえねーの? 難聴せいで何かと誤解を受け 周囲とうまく馴染めない大学生の航平は、 いつしか人と距離を置くようになっていた。 そんな時に出会った同級生の太一。 バカみたいに明るい性格で 思ったことを何でも口にする彼から 「聴こえないのはお前のせいじゃないだろ!」 と言われ、航平はその言葉に心底救われて……。 友達以上、恋人未満。 太一との出会いが航平を変えていく。

ひだまりが聴こえる-幸福論- (Canna Comics)
デビュー作で大反響となった『ひだまりが聴こえる』が 続編『ひだまりが聴こえる-幸福論-』となっていよいよ登場! 前作では“友達以上恋人未満"だった二人に進展が……!? ―――あいつ、耳聴こえねーの? 難聴のせいで孤立気味な航平と、 バカみたいに明るい性格の太一は大学の同級生。 最初は心を閉ざしていた航平だったが、 太一との出会いにより少しずつ変わってゆき……。

以下ネタバレ含む感想です

いやー、本当に泣いた。

まず、表紙の絵がきれいで爽やかな感じなので
BL初心者の方でも手に取りやすいと思います。
そして内容もBLっぽい描写は本当に少ないです。

キス一回です。単行本一冊につきキス一回です。
(大事なことなので二回…

もともと私はどエロい絡みばっかりのものは苦手なのですが、
それにしてもBL要素をもう少し…くれ…
続編があるらしいのでそちらでもらえるのを期待。

しかし、まぁその一回のキスがヤバい!
特に二巻(幸福論)のキャンプにてのキスは中学生のようなピュアさ。
そのページ開いてると何かイオン的なもので私の
きったねー心が浄化される様でした。
太一の首振りからの「…き、緊っ張…した…」とかもう…もう…

とりあえず私は一回通しで読んで、またすぐ二周目読みます。
一周目は先が気になってしまうので結構速読みです。

一周目も泣いたのですが、二周目での太一が航平に大学を辞めると言うシーンで
身体の異変に気づきました。心臓がぎゅーっと締め付けられるシーンなのですが
何故か右肩の付け根、鎖骨の下がぎゅーっと締め付けられるように痛むのです。
航平が太一をハグする所とか号泣と右肩の痛みヤバい!
あれ、私の心臓って右肩でしたっけ?と思うレベル

そのシーンで航平の目元のアップのコマが続くのですが
その目元の変化が本当に切なく表現されていて涙止まりません。
その後の手話の告白で一回タオル取りに行きますね。

BLなんだけど、それよりも人と人との繋がりや気持ちの動きを繊細に描いてある作品です。

そして、あまりの切なさに心臓以外の部位が痛くなってしまう作品です。

続編、そして実写映画化も決まっていて、楽しみです。